働きやすい職場づくり

社長とのコミュニケーション

せいじのちょっとつぶやきイイですか

第一生命グループでは、イントラネットで社長と従業員が直接コミュニケーションする場を設けています。経営ビジョンや創立記念日などの公式スピーチの共有だけでなく、社長が日頃の出来事や気づきをショートメッセージで発信する「つぶやき」も運営しています。
これらを通じて従業員は日ごろの業務で感じた疑問や気付きを社長へ伝えることもできるなど、双方向コミュニケーションを実現しています。

経営層とのコミュニケーション

タウンホールミーティング塾

第一生命グループでは、経営層が従業員の声に真剣に耳を傾ける場として、さまざまな経営層との対話の場を設けています。
役員と社員が対話する「タウンホールミーティング」や少人数で役員の担当分野について語り合う「役員と語る」を始め、イントラネットでの役員による動画メッセージの発信など、さまざまな経営課題についてその背景や考え方を従業員と共有するとともに、従業員からの質問や意見を経営層が真正面から受け止める場ともなっています。こうしたダイレクトな対話を通じて、社内コミュニケーションの活性化、一体感のある活気あふれる組織づくりに努めています。

内部通報制度(社内・社外窓口)

第一生命グループでは、会社としてコーポレートガバナンスの充実を図るため、従業員がコンプライアンスに関する重要事項を直接通報・相談できる公益通報者保護法に対応した相談窓口を各社内および社外弁護士事務所に設置しています。具体的には、各社内の窓口にて法令・社内ルールの違反などの通報を受け付けるとともに、社外窓口にて社外の弁護士が各社の従業員からの通報を受け付け、経営陣から独立した体制で適切な対応・解決に取り組んでいます。今後も、さまざまな声に真摯に耳を傾け、ガバナンス向上、お客さまの信頼向上に努めていきます。

人事に関する相談窓口

第一生命グループでは、従業員の働くうえでの不安や悩みを解消し、一人ひとりがいきいきと活躍するためのサポート体制を整えています。例えば、従業員のキャリア開発を支援するキャリア支援デスクや、両立支援相談窓口・LGBTQ相談窓口・障がい者職業生活相談窓口を設置するなど、個別の相談体制を整備しています。

ご意見・ご感想をお聞かせください 新規ウィンドウで開きます