第一生命ホールディングス

グループのサステナビリティの考え方

真っ直ぐに、真っ先に― 「一生涯のパートナー」として安心の最高峰を、地域へ、世界へ

第一生命グループは、1902年の日本での創業以来、生命保険事業などを通じて、お客さまの安心で豊かな暮らしと地域社会の発展に貢献してきました。創業からの「お客さま第一」の価値観と弛まぬ変革の精神は、「安心の最高峰を、地域へ、世界へ」お届けしたいと願う私たちの理念に、今も脈々と息づいています。グローバルな事業展開を続けるこれからも、大切にしてきた理念を貫き、世界各国、各地域における「一生涯のパートナー」として、「真っ直ぐに」「真っ先に」挑戦を続けます。

Mission 私たちの存在意義 一生涯のパートナー Vision 私たちの目指す姿 安心の最高峰を、地域へ、世界へ Values 私たちの大切にする価値観 グループ企業行動原則(DSR憲章) Brand Message 理念体系を支える私たちの想い いちばん、人を考える

グループの理念体系の詳細はこちら

真っ直ぐに ― 創業以来の「お客さま第一主義」

私たちは、創業者矢野恒太が掲げた「お客さま第一主義」に基づき、「いちばん、人を考える」という想いを大切にしながら、お客さまや社会の課題に向き合い、これらの課題を解決することで自らも成長していく経営を絶えず目指してきました。こうした信念は、グループの事業展開が日本から世界各国へと広がった今も、そして今後も変わることはありません。想いを同じくする世界中のグループ各社全員で、「安心の最高峰を、地域へ、世界へ」とお届けしたい。それが私たちの目指す姿です。

創業者 矢野 恒太 創業者 矢野 恒太

真っ先に ― 発揮し続ける「変革の精神」

第一生命グループの歴史は、お客さまや社会のために絶えず変革に挑戦してきた歴史でもあります。第一生命の日本初の相互会社としての設立は、「お客さま第一」の当の最適解を追求した果敢な挑戦でした。同様に、2010年の株式会社化やその後の株会社体制移行も、「お客さま第一」を貫くために、時代に合わせて自らを変革してきた証です。2007年からは、お客さまニーズの多様化を先取りした国内マルチブランド展開を開始、さらに日本の生命保険会社としていち早く海外事業への展開を図るなど、変革への飽くなき挑戦は今も続いています。

創業当時の役職員 創業当時の役職員
株式会社化・上場時セレモニー(2010年) 株式会社化・上場時セレモニー(2010年)

ご意見・ご感想をお聞かせください 新規ウィンドウで開きます