グループのサステナビリティの考え方

当社グループは、将来にわたって、全ての人々が安心に満ち、豊かで健康な人生を送り、幸せな状態であること、すなわちwell-beingに貢献したいと願っています。そのために中期経営計画「Re-connect 2023」にて、事業領域をwell-beingを構成する4つの体験価値に再編しました。
また、私たちの事業は、持続的社会があってこそ実現するものですから、その実現を事業運営の大前提と位置づけ、社会の持続性確保に関する重要課題にも積極的に取組んでいきます。
そして、事業領域に関わるマテリアリティと、社会の持続性確保に関わるマテリアリティのそれぞれに、SDGsの目標10「人や国の不平等をなくそう」を加えることで、改めてお客さまに最適な体験価値のご提案ができるよう追求するとともに、それを担う従業員とのエンゲージメントを高めていくこととしています。

「Re-connect 2023」

当社のサステナビリティの位置づけの詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

第一生命グループが目指すwell-being

ご意見・ご感想をお聞かせください 新規ウィンドウで開きます