第一生命ホールディングス

政策保有株式

基本的な考え方

生命保険事業を営む第一生命グループ各社が株式を保有する場合は、資産運用の一環として原則として純投資目的で株式を保有しますが、業務提携による関係強化等、純投資以外のグループ戦略上重要な目的を併せ持つ政策保有株式も一部保有します。なお、個別に保有の合理性を確認したうえで縮減の是非を判断し、取締役会における検証の内容は、毎年、開示します。

純投資目的
  業務提携による関係強化等、グループ戦略上重要な目的を併せ持つ政策保有株式

議決権行使

政策保有株式に係る議決権行使は、政策保有株式以外の株式と同一であり、別に定める議決権行使基準に則り、適切に対応します。

第一生命のスチュワードシップ活動 新規ウィンドウで開きます

取締役会における検証の内容

■ 検証の考え方

当社及び政策保有株式を有する第一生命グループ各社は、個別の上場政策保有株式について、保有目的の適切性や資本コスト対比の収益性を、各社の取締役会で毎年度確認しています。なお、保有の適切性・合理性が認められない場合に加え、純投資としての保有意義も認められない場合は、売却を行います。

■ 検証の結果(2019年3月末基準)

当社及び第一生命の取締役会は、検証対象について、保有目的及び資本コスト対比の収益性の観点から、いずれも保有が適切であることを確認しました。

純投資目的以外の目的である投資株式
(2019年3月31日時点)

保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
(第一生命ホールディングス株式会社保有分)

銘柄数 1銘柄
貸借対照表計上額の合計額 22億円

保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
(第一生命保険株式会社保有分)

銘柄数 8銘柄
貸借対照表計上額の合計額 996億円

特定投資株式

銘柄 株式数(千株) 貸借対照表
計上額(億円)
株式会社りそなホールディングス 125,241 617
株式会社みずほフィナンシャルグループ 214,691 371

みなし保有株式

銘柄 株式数(千株) 貸借対照表
計上額(億円)
SOMPOホールディングス株式会社 4,492 184
株式会社みずほフィナンシャルグループ 69,208 118

ご意見・ご感想をお聞かせください 新規ウィンドウで開きます