第一生命ホールディングス

テーマ① 健康の増進

社会課題の認識

健康寿命とは、人生における「心身ともに自立し健康的に生活できる期間」を意味しています。高齢化が進む日本においては、一人ひとりがQOL※を保ち豊かな生活を送るためにも、平均寿命の延びとともに健康寿命を延伸させることが重要となってきています。さらに、平均寿命と健康寿命の差が拡大すれば、医療費の増大などによって社会保障制度の持続性にも大きな影響を与えることになり、まさに国家的な課題であるといえます。

  • ”QOL(Quality of Life)”とは、物理的な豊かさや個々の身辺自立のみでなく、精神面を含めた生活全体の豊かさと自己実現を含めた概念
2010年:男性 平均寿命79.5歳 健康寿命70.4歳 平均寿命との差 9.13年/女性 平均寿命86.3歳 健康寿命73.6歳 平均寿命との差 12.68年 2013年:男性 平均寿命80.2歳 健康寿命71.1歳 平均寿命との差 9.02年/女性 平均寿命86.6歳 健康寿命74.2歳 平均寿命との差 12.40年 目指す姿:健康寿命の延伸により長く健康的に暮らせる社会の実現へ
  • 2010年・2013年指標は厚生労働省「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会(2014年10月1日)」資料をもとに、当社にて作成

関連する重要課題(重要課題の詳細はこちらをご覧ください)

あらゆる人々の健康の増進
安心を広げる先端技術の創出

目指す姿

第一生命グループの本業である生命保険を通じた安心のご提供とともに、社会保障制度を補完する立場としてお客さま、そして広く国民の皆さまの健康増進をサポートする様々な取組みを提供することで、あらゆる人々ののQOL向上に貢献していきます。

アプローチ

重要課題のうち、経営戦略の視点から優先度が高いものを中期経営計画に反映しています。

CONNECT 2020

第一生命グループ 2018-20年度中期経営計画 『CONNECT 2020』(4,131KB) PDF

  • QOL向上を訴求する商品戦略を展開
  • 健康増進をサポートすることにより、「健康寿命の延伸」など日本が抱える課題へ挑戦
  • 社内外の医療ビックデータ解析によるさらなるご加入可能範囲の拡大、新たな商品・サービスを提供

進捗状況

取組指標 指標解説 累計
健康増進への寄与度
(「健康第一」アプリ」のダウンロード数)
様々なお客さま接点を通じた「健康第一」アプリの活用促進の結果、サービス開始からアプリがダウンロードされた数 約114万件※
  • 2019年3月末時点

主な取組み

ご意見・ご感想をお聞かせください 新規ウィンドウで開きます