第一生命ホールディングス

ichi-oshi News

更新日:2019年6月7日
保有不動産を活用した地域貢献!
~「USFスポーツフェスティバル」を第一生命 相娯園グラウンドで開催しました~

第一生命グループは、QOL(Quality of Life)向上への貢献の実現に挑戦しています。
その一環として、第一生命 不動産部では、保有不動産を活用した地域活性化を応援する取組みを実施しています。
第一生命が東京都世田谷区に保有している「第一生命 相娯園グラウンド」では、地域に開かれた存在として地域の皆さまに活用いただくため、世田谷区と協定を結び、近隣の保育園に「シェア園庭」として活用いただいています。そして今回は、一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDATION(通称USF。スポーツ用品販売会社ゼビオグループの関連団体)と協力し、6/1(土)に近隣の小学生を対象としたスポーツイベント「USFスポーツフェスティバル presented by 第一生命」を開催しました。本イベントの主催団体であるUSFは、スポーツを通じた社会貢献(特に健康的な社会の創造・子ども達の育成)を活動理念としており、第一生命もその理念に共感したことから、初のコラボレーション企画として、今回のスポーツイベントが実現しました。

サッカーをする様子
野球をする様子
テニスをする様子

今回のイベントは世田谷区の後援をいただき、世田谷区内の全小学校にチラシを配布して告知を行うなど、地域に密着した取組みとして準備を進めていきました。募集が始まると、あっという間に定員を大きく超えるお申し込みをいただき、地域の皆さまのスポーツ・健康増進に対する関心の高さがうかがえました。

当日は晴天のなか、111名の小学生が3種目の競技(サッカー・野球・テニス)を体験しました。3種目の競技を同じ会場で体験できるのは、テニスコートなどさまざまな施設を持つ「第一生命 相娯園グラウンド」ならではです。また、各競技の講師には、現役のプロアスリート・コーチをお迎えしました。直接プロから指導を受けることで、子どもたちがスポーツの楽しさを知るきっかけとなったのではと思います。近隣にキャンパスがある日本女子体育大学や、早稲田大学庭球部の学生さんにも運営ボランティアとして協力いただき、子どもたちと積極的にコミュニケーションをとっていただいたことで、終始笑い声や歓声の絶えないイベントとなりました。
参加した子どもたち・保護者からは、「楽しかった!もっとやりたい」「ぜひこのようなイベントをまた開催してほしい」という声をたくさんいただきました。

第一生命グループは、今後も「地域活性化」や「QOLの向上」をテーマにした取組みを継続していきます!

イベントを担当した第一生命 不動産部(左から)不動産部 辰巳さん、堀さん、西川さん、新井さん イベントを担当した第一生命 不動産部
(左から)不動産部 辰巳さん、堀さん、西川さん、新井さん