第一生命ホールディングス

持続的な価値創造

強みを活かし、社会課題解決と成長を実現

第一生命グループは、「一生涯のパートナー」のミッションに基づき、変革の精神を発揮しながらこれまでの116年の歴史の中で培ってきた独自の強みを活かして、社会課題解決を通じた価値創造(人々のQOL向上への貢献)と、これを通じたグループの更なる成長を実現していきます。

強みを活かし、社会課題解決と成長を実現

マテリアリティの選定プロセスの詳細はこちらをご欄ください

DSR経営

~第一生命グループならではの価値創造経営~

持続的な価値創造への挑戦

「DSR経営」とは、第一生命グループの価値創造モデルを実践するための経営の枠組みです。
第一生命では、お客さまの視点からあらゆる業務の品質を高める「経営品質向上活動」を1998年から始め、2001年には金融機関初の日本経営品質賞を受賞しました。受賞後も、取組みの進化に合わせて「CSR経営」、そして、株式上場を機に、当社らしさを更に発揮していくために「DSR経営」へと、経営トップが替わっても一貫して取り組んできました。
こうした活動を続けてきたことで、第一生命グループでは、社員一人ひとりが、お客さまをはじめとした多様なステークホルダーにとっての最良を目指して、日々の創意工夫と弛まぬ努力を行う組織となっています。
また、「DSR経営」の好事例を共有・顕彰する場として、「DSR推進大会」を年に一度開催し、国内外のグループ会社の代表者が参加しています。好事例を共有・活用することで、グループ全体でシナジー効果を生み、第一生命グループの成長を加速させています。
私たちは、これからも「DSR経営」の実践により、持続的な価値創造を実現していきます。

※「DSR」とは、「第一生命グループの社会的責任(Dai-ichi's Social Responsibility)」を表します。

1998年~ 経営品質向上計画 2001年 日本経営品質賞受賞 2005年~ CSR経営(コーポレートブランド向上) 2010年 新創業・株式会社化 2011年~ DSR経営
社員一人ひとりが「DSR経営」を支える
「DSR経営」好事例の共有・顕彰(DSR推進大会)